鹿島神宮

鹿島神宮(かしまじんぐう)は、茨城県鹿嶋市にある神社です。
式内社、常陸国一宮で、旧社格は官幣大社。
鹿島神社の総本社で、日本全国に約600社ある鹿島神社は、こち らの分社です。
息栖神社(茨城県神栖市)、香取神宮(千葉県香取市)と合わせて 東国三社と呼ばれています。
御祭神は武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)です。

正月三が日は全国から60万人以上が参拝しており、
初詣参拝者数では茨城県2位です。ちなみに1位は笠間稲荷神社 になります。

本宮(拝殿)から奥宮までの奥参道は、” 鹿島神宮の森 “(天然記念物) と呼ばれ、樹齢数百年はあろうかと思われる杉の大木が並び、 そこを歩くと、心が大変落ち着きます。
奥宮横の道をさらに進むと、要石という、昔より大鯰の頭を押 さえている、といわれている石があります。これは昔より地震除 けの力があるといわれ、パワースポットとしても有名です。
ちなみに尻尾はといいますと、香取神宮に要石がありまして、 そこで押さえているといわれています。
また境内には神の使いとされる鹿を育てている鹿園があり、 横の売店でえさを買うと、鹿にえさを与える事が出来ます。
また、御手洗池という池があり、誰が入っても、その深さは一定で、 その乳(ちち)を越えないと言われています。

記事一覧へ

コメントをどうぞ