息栖神社

息栖神社(いきすじんじゃ)は、茨城県神栖市息栖にある神社です。
祭神は岐神・天鳥船命・住吉三神になります。
鹿島、香取の二神は武神です。また祀られているのがその武器(神剣) であるのに対して、息栖神社は、武神達の乗り物であった「天鳥舟」 を祀っています。
息栖(いきす)は「おきす(=沖洲)」と古の時代呼ばれていたことから、 その社は、元々は眼前の香取海に浮かぶ沖洲に設けられたていたとと考えられています。
社伝によれば、、現在地よりも南西の日川地区に、応神天皇の時代 に創建されたといわれていて、現在の場所には大同2年(807年)になって 移転したと記されています。
古くから香取神宮・鹿島神宮と並んで「東国三社」 と称されて大和朝廷以来、朝廷からの崇敬を受け、 元寇の際にも国家安泰を祈願するために、朝廷より、勅使が派遣されたとの記録が残っています。
他の2社に比べると大変質素な造りですが、落ち着いた感じが大変私は好きです。
御神体は、日本三霊泉の一つといわれている「忍潮井」と呼ばれる池で、 周りが海水の中、ここからは淡水(真水)が出ている不思議な池です。

記事一覧へ

コメントをどうぞ