袋田の滝

袋田の滝は、日本三名瀑のひとつに数えられる茨城県久慈郡大子町袋田にある滝のことです。
久慈川支流の滝川上流にあたり、高さ120m・幅73mの大きさを誇ります。
冬期は水量が大幅に減るため凍結することがあります。この現象は「氷瀑」と呼ばれ、 他の場所では、北海道の層雲峡が有名です。

袋田の滝は、別名「四度の滝」とも呼ばれています。
その呼び名の由来は、 四段に大岩壁を流れることからとか、
「四季に一度ずつ来てみなければ本当の良さはわからない」
と西行法師が絶賛したことから、
とか、いわれています。
比較的水量の少ない時期に訪れた為、印象としては、 大変穏やかで優しい、心を和ませてくれる滝だと云うのが、わたしの感想です。 最も、水量の多い時期であれば、全く別の印象を持つとは思いますが・・・。

記事一覧へ

コメントをどうぞ