輪王寺

輪王寺(りんのうじ)は、天台宗の門跡( 親王、法親王が住職として 居住する )寺院で栃木県日光市にある寺院です。
創建は奈良時代にまでさかのぼります。によって寺院と神社が 分離されてからは、東照宮、二荒山神社とあわせて「二社一寺 」といわれていますが、これは明治初年の神仏分離令が施行さ れてからのことで、それ以前は「日光山」と呼ばれてました。
輪王寺とは1つの神社をさしていうのではなく、日光山中にある寺院群の総称です。
堂や塔は広い範囲に点在しています。
それらの中には国宝、重要文化財など多数の文化財があり、 徳川家光をまつった大猷院霊廟や本堂である三仏堂などの 古建築の多数あります。
境内は、東照宮、二荒山神社の境内とともに「日光山内」として国の史跡に指定され、世界遺産に「日光の社寺」と してに登録されています。

記事一覧へ

コメントをどうぞ