鶴峰八幡神社

天羽郡の総社で、創建は元正天皇 養老年中(717-723)
社殿の周りには砂利が敷き詰められ、その風紋の様な枯山水模様と朱塗りの社殿が印象的な神社です。
地元の信仰も厚く、領主である佐貫城の鎮守となっていました。
御祭神は誉田別尊になります。
海に向かって社殿が配置されていて、参道は東京湾の浦賀水道に向かって真っすぐ伸びています。

同じ読み方で漢字が違う鶴峯八幡神社が市原市にあります。
こちらは 「関東の三鶴」、三鶴八幡の一つとして、多く方が紹介・取り上げられておりますが、
他の二鶴、鎌倉の鶴岡八幡宮と館山の鶴谷八幡神社に共通する特徴
神社の規模の大きさ
参道が海にまっすぐ伸びている
祭りの際、浜辺で神事を行う
という点を見ると、どうもこちらの鶴峰神社の方がしっくり来る様な 気がするのは、私だけでしょうか?

富津市八幡143
TEL : 0439-66-0336

MAP
交通アクセス
電車
JR内房線 佐貫町駅下車
徒歩18分

自動車
館山自動車道 富津中央ICを下り、127号線を右折木更津方面へ
1つ目の信号を左折し、県道256号線を左折し500m程先のカーブ
の右手奥

記事一覧へ

コメントをどうぞ