笠森観音

日本で唯一、61本の柱で支えられた
『四方懸造り(しほうかけづくり)』
の観音堂を持つお寺です。

正式名称は 笠森寺(かさもりじ) で、観音様をご本尊にしてい ることから、笠森観音(かさもりかんのん)と呼ばれています。
天台宗のお寺です。
この観音堂は国の重要文化財に指定されており、「坂東三十三観音札所」 の第三十一番札所にもなっています。

伝教大師最澄(でんぎょうだいしさいちょう)が 奈良時代・延暦3年(784) に建立したとされています。

ご本尊は、十一面観世音菩薩(じゅういちめんかんぜおんぼさつ)です。

〒297-0125 千葉県長生郡長南町笠森302
TEL : 0475-46-0536

GOOGLE MAP

電車
JR外房線
「茂原駅」下車 小湊バス「上総牛久駅」行「笠森」下車 徒歩5分
小湊鉄道
「上総牛久駅」下車 小湊バス「茂原駅」行「笠森」下車 徒歩5分

自動車
東関東自動車道館山線 市原ICを下り国道297号線を勝浦 方面
米沢 交差点左折し 国道409号線を 茂原方面 へ約6キロ

記事一覧へ

コメントをどうぞ