‘千葉のパワースポット’ カテゴリー

地球磁場逆転期の地層

地球磁場逆転期の地層(ジオパーク)
イタリアとここの2か所しか、世界中さがしても無いという珍しい 地層である「古地磁気層」が、千葉の市原市養老川沿いの絶壁にあ ります。
これは「白尾層」という、今を遡ること78万年前に堆積して出来た火山灰の地層で、 長野の御嶽山の噴火により生成されたものと言われています。
火山灰によって生成された地層など、さほど珍しくないかもしれませんが、 この生成された年代が 特別 なのです。
地球の磁場はもともと一定では無く、過去にその軸がずれたことが確認されています。
以前これを題材に映画 “2012″ が作られたことがありますが、これをポールシフトといいます。
そして、そのポールシフトが起こり、現在とは地磁気が逆転していた時代(N北極→S)もありました。
その時期の痕跡がこの白眉層から見つかったのです。

千葉県市原市田淵
ジオパーク(英: geopark)とは、地球科学的に見て重要な
自然の遺産を含む、自然に親しむための公園

記事一覧へ

縁結び大社

千葉厄除け不動尊山の中にあります。この厄除け不動尊は、関叡山 妙泉寺という天台宗のお寺で、「関東厄除三不動」に挙げられています。
ちなみに他の2つは、目黒不動尊(瀧泉寺:東京都目黒区)と飛不動尊(正宝院:東京都台東区)になります。

縁結び大社のご祭神は、愛染明王です。

千葉県東金市山田1210-10
TEL : 0475-55-8588



交通アクセス
電車
JR千葉駅 下車
10番乗場 「成東」行き 「山田台」下車 徒歩2分
JR東金駅 下車
「千葉」行き 「山田台」下車 徒歩2分

自動車
千葉東金有料道路 山田IC下りて左折 山田台交差点を左折1分

記事一覧へ

如意輪寺

殿谷山 如意輪寺の由来
千葉県茂原市国府関にある殿谷山 如意輪寺がある
国府関周辺には国府関遺跡より出土した生活用具、農具、
建材から楽器、祭器にいたるまで多種多様な木製品が発見され、
ほとんどが西暦4世紀頃の古墳時代初頭のものといわれています。

その如意輪寺は、約一千年のその昔、真言宗賢融法師によって
創建され、後の文明二年(1470年頃)上総城主酒井公の協力の下
、改宗した際に、法流山第三祖である日廣上人が請われて当山は
開山されました。以来法燈連綿として500年以上継承されており
健康祈願、癒しのパワースポットとして地元の人や口コミで広が
った人の参拝が絶えない

〒297-0067
千葉県茂原市国府関624
TEL : 0475-24-0724




交通アクセス
電車
JR外房線
茂原駅「西口」下車
茂原駅西口2番バス乗り場 小湊鐵道バス
「長柄中・和楽の郷・ロングウッドステーション・喜多・ちはら台駅行き」
原田団地 下車→進行方向のまま直進
Y字路(アスカ看板)を斜め左に進入→左角に「二宮本郷郵便局」左折
570m先右折(街灯のある十字路、上り坂)後、右側に如意輪寺

自動車
東金自動車道「大宮出口」→インター信号右折→千葉外房有料道路最終出口~県道21号線を直進→国道128号線を右折「茂 原市街方面」→「高師」交差点右折(県道14号 茂原街道)
信号4個目Y字路(アスカ看板)を斜め左に進入→左角に「二宮本郷郵便局」左折
570m先右折(街灯のある十字路、上り坂)後、右側に如意輪寺

高速京葉道路「蘇我・茂原 出口」左側国道16号(茂原)方面→大きな交差点左折(県道14号 茂原街道)より直進18.6km先小さい交差点の信号右 折後道なり→右手前角に「二宮本郷郵便局」右折→570m先右折(街灯のある十字路、上り坂)後、右側に如意輪寺

記事一覧へ

天津神明神社

天津神明神社(あまつしんめいじんじゃ)は、天照皇大神(アマテラス
オオミカミ)、豊受大神(トヨウケビメ)、八重事代主神(えびす様)、
大山祇大神(オオヤマツミ)など七柱の神を祭っています。

境内にある、『御神水』と呼ばれている水は、古くからある神社の
井戸から湧き出ています。

この地は日本を中心に辰巳の方角(南東)という吉方に位置するため、
今でも健康などの祈願に訪れる人が沢山います。

夫婦神であることから縁結びの御神徳があると言われています。

また、同じ境内の諾冉神社からの景色もとてもすばらしいです。


千葉県鴨川市天津2950
TEL : 04-7094-0323


交通アクセス
電車
JR外房線
安房鴨川駅下車
鴨川日東バス(天津駅・鴨川駅方面):約10分 神明神社前下車

自動車
館山道 君津ICをおりて房総スカイライン・鴨川有料道路へ
鴨川から国道128号を勝浦方面へむかい天津神明宮 へ

州宮神社

洲崎神社と同じ天比理乃咩命(アメノヒリノメのミコト)を祀る神社です。
安房国二宮とされて、旧社格は県社になります。
こちらは神武天皇元年、魚尾山に天冨命が創祀したと伝えられています。
魚尾山は、当時海辺にあったため、洲神、洲宮と呼ばれていました。
亀山天皇文永10年、后神のための社殿をこの地に遷したとの説もあります。
式内社として、この州宮神社と洲崎神社という有力な論社が2つあり、どちらが正式な式内社であるか、という論争が絶えなかったといわれています。

千葉県館山市洲宮921


交通アクセス
電車
JR内房線
館山駅下車
JRバス2番線神戸(かんべ)経由 安房白浜行乗車
上洲の宮 下車

自動車
館山自動車道 → 富津館山自動車道 終点 富浦へ
127号線で館山・白浜方向へ → 410号線
館山運動公園の先約1km右側

記事一覧へ

州崎神社

房総半島の突端西側に位置する古社です。
アマノヒリノメノミコト神社で、安房神社の天太玉命の后神を祀ります。

ここに祀られている御神石の由来には、次の2つの云い伝えが残っています。 1つは、役の行者が飛来してここ州崎の地と横須賀に置いて行った。
もう1つは、竜宮から一対の石が献上され、その一つが天太玉命の御霊 とし横須賀吉井に飛んで行った
というものです。
吉井にある石は、横須賀安房口神社のご神体としておまつりさています。
なお、この石は互いに向かい合ってまつらているとのことです。

州崎神社の境内は御手洗山の西斜面にあたり、信仰厚い氏子である 地元の人たちは、この山の木に絶対に斧を入れることをしませんでした。
その結果、この貴重な自然林を形成することとなりました。
いわゆる鎮守の森ですが、、ここ州崎神社の特徴は、それがかなり範囲が広く、 それが極相林となっていることです。
極相林とは、人間が数百年以上関与しない、自然林が究極的に落ち着く安定した森林の形です。

近くにある洲宮神社とは、密接な関連があります。

〒294-0316
千葉県館山市洲崎1344


交通アクセス
鉄道
JR内房線 館山駅からバス伊戸行き、洲崎神社前下車徒歩2分

自動車
富浦ICから国道127号線・県道南安房公園線経由、約40分

記事一覧へ

鋸山(のこぎりやま)

鋸山(のこぎりやま)という呼び名で有名なこの日本寺は、
約1300年前、聖武天皇の勅詔を受けて、行基菩薩によって
開かれた関東最古の勅願所です。

聖武天皇の勅詔と、光明皇后のお言葉を受けた行基菩薩によって
神亀2年(725年)6月8日に開山されました。

御本尊は薬師瑠璃光如来です。

第三紀三浦層の砂質凝灰岩が刻まれ、稜線がノコギリの歯の様
になっていることが山名の由来です
山中にある参道を巡りながら、各所に点在する仏像や施設を見学していくのですが、 石段が多く、昇り降りも結構ありますので、非常に良い運動になります。
展望台からの眺めは素晴らしく、天気が良ければ富士山やスカイツリーも見ることが出来ます。

千葉県安房郡鋸南町鋸山
TEL : 0470-55-1103
FAX : 0470-55-1174


交通アクセス
電車
JR内房線
浜金谷駅下車 → ロープウエイ
保田駅下車 →遊歩道(表参道)利用時

自動車
富津館山道路
鋸南保田ICをおり左折 保田交差点から127号線を金谷方面に約1km

記事一覧へ

三石山観音寺

三つの大きな岩が山頂(標高282m)にあり、そこからこの名前が付け られたという、大変ユニークな環境を持つ観音さまです。
三石山観音は、その大岩の真下に本堂の観音堂が立つ真言宗の寺で、 正式名称は観音寺といいます。

別名、「ひとこと観音」とも呼ばれ、1つは願い事が叶うといわれています。

この山の霊気にいたく感動した覚恵上人により、応永16年(1409)
開山され、本尊は、
十一面観世音菩薩と薬師瑠璃光如来の2体。
となっています。
ご本尊は、普段拝観出来ない秘仏となっていて、御開帳の時のみ
拝観する事が出来ます。御開帳は6年に一度行われます。

本堂脇の細い道を上っていくと、岩の間を抜けた先に奥の院があります。
そこには、縁結びの神が祭られています。

千葉県君津市草川原1407
TEL : 0439-39-2266
FAX : 0439-39-3314


交通アクセス
電車
JR上総亀山駅からタクシーで15分

自動車
館山道木更津北ICから1時間

記事一覧へ

笠森観音

日本で唯一、61本の柱で支えられた
『四方懸造り(しほうかけづくり)』
の観音堂を持つお寺です。

正式名称は 笠森寺(かさもりじ) で、観音様をご本尊にしてい ることから、笠森観音(かさもりかんのん)と呼ばれています。
天台宗のお寺です。
この観音堂は国の重要文化財に指定されており、「坂東三十三観音札所」 の第三十一番札所にもなっています。

伝教大師最澄(でんぎょうだいしさいちょう)が 奈良時代・延暦3年(784) に建立したとされています。

ご本尊は、十一面観世音菩薩(じゅういちめんかんぜおんぼさつ)です。

〒297-0125 千葉県長生郡長南町笠森302
TEL : 0475-46-0536

GOOGLE MAP

電車
JR外房線
「茂原駅」下車 小湊バス「上総牛久駅」行「笠森」下車 徒歩5分
小湊鉄道
「上総牛久駅」下車 小湊バス「茂原駅」行「笠森」下車 徒歩5分

自動車
東関東自動車道館山線 市原ICを下り国道297号線を勝浦 方面
米沢 交差点左折し 国道409号線を 茂原方面 へ約6キロ

記事一覧へ

白子神社

大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)を主祭神とし、白蛇をご神体
として奉る神社として、白子神社は、広く人々に知られています。

海から白い亀が白蛇を背中に乗せて現れ、それを白子大明神(しらこ
だいみょうじん)として南白亀にお祭りし、その地を守ったとされ、
白蛇をご神体として奉っているのです。

桜の名所でも有名で、厄除け、商売繁盛、縁結び、復縁のパワースポットといわれています。

神社近くには、椎の古株にイボをなすりつけるとイボがとれるという 「イボ神様」と呼ばれる観音堂があります。

千葉県長生郡白子町関5364

‎TEL : 0475‐33‐3124


交通アクセス
JR外房線 
本納駅よりバス 白子町公民館前下車、徒歩8分
自動車
九十九里有料道路 白子IC下りて約2km 10分

記事一覧へ